在日特権を守る在日の会(在守会・ザイシュカイ)公式HP

世界一の友愛団体在守会が地獄の平和社会、恐怖の平等社会を実現へ【2017年在守会スローガン 【NO特権☆NOライフ♡】】
在日特権を守る在日の会(在守会・ザイシュカイ)公式HP TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆韓日友好ニュース◆◆国家編 >  ◆韓流速報◆米国市長激白「慰安婦少女像設置に後悔、韓国に好かれ日本に嫌われる市となった」に韓国波紋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◆韓流速報◆米国市長激白「慰安婦少女像設置に後悔、韓国に好かれ日本に嫌われる市となった」に韓国波紋

米国で最初に日本軍慰安婦の悲劇を呼び覚ます"平和の少女像"が建てられたカリフォルニア州グレンデールの市長が日本のさくらTVとのインタビューで、「少女像を立ててはならなかった」"と述べた。
10日(現地時間)グレンデールの新聞グレンデールのニュースプレスによると、グレンデールのデイブ・ウィーバー市長は去る7日放送された日本のCHさくらTVの"さくらプロジェクト"の番組インタビューで、
「我々は、ハチの巣を開いた」と言いながら「少女像を立ててはならなかった」と述べた。

極右性向のさくらTVのレポーターはグレンデールの市長室でウィーバー市長に会ってインタビューした。このインタビューで、ウィーバーの市場は、「グレンデール市は国際問題に巻き込まれる理由がないので私は反対した」としながら
「今、私たちグレンデール市は、日本で最も嫌われる場所になったのには本当に後悔なこと」と話した。

彼はまた、「慰安婦少女像を見たこともないし、除幕式にも出席しなかった」と付け加えた。特に彼は「グレンデールには、韓国人が1万2000人も住んでいるが、日本人は非常に少ない」としながら
「誰より影響力が大きいことか」と少女像の建設が韓国系住民の圧力によるものだということを強調した。

グレンデール市は、市議会が日本軍慰安婦の悲劇を糾弾する決議案を採択したのに続き、7月30日市立中央図書館の前の市立公園に"平和の少女像"(慰安婦少女像)を立てた。
http://link2.in/jump?http://crx7601.com/archives/33848141.html
スポンサーサイト
[ 2013年10月12日 04:32 ] カテゴリ:◆◆韓日友好ニュース◆◆国家編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

leehiroaki

Author:leehiroaki
在守会・会長(ツイッター・https://twitter.com/noaritanolife)
名前・李博明(イバクミョン)、通名・月山博明(ツキヤマヒロアキ)
国籍・在日2世
職業・生活保護、ネット在日(ネトザイ)、在守会終身永久名誉会長
年齢30~60歳の間
身長159cm(野間さんより3cmも高い)
住所・東京都新宿区西早稲田2-3-1※
趣味・テポドン玉入れ、在日ババァヘルスでチ※コしばき、編み物
好きな女性のタイプ・李信恵、北原みのり
支持する政治家・有田芳生先生、白真勳先生、徳永エリ先生、福島瑞穂先生 
支持政党・民主党、共産党、社民党、公明党
一言・「平和主義・平等主義・反差別を追究する為に在守会を設立した。決してそれらを盾に在日過剰優遇や日本乗っ取りを目指してる訳ではありません。本当です。とりあえず参政権よこせ」

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。